ソフトテニスを基礎から学ぶサイト


TOPページ サービスとレシーブに関する知識 > 実践でのレシーブ

実践でのレシーブ

レシーバーがフォールトだと判断しても、ボールが少しでもラインにかかっていれば、サービスがインと判定されることがあります。サービスがインかフォールトかは、基本的に正審の判断に委ねられます。判断の難しいサービスは、基本的に返球しておけば、フォールトと判定されても失点になることはなくなります。

レシーブ時には後方にポジションを取っている前衛は、レシーブ後素早くネットまで前へ出て、相手の返球に備えることが肝心です。

このとき、コートの中央で中途半端に位置していると相手には格好の狙いやすいポイントとなってしまいます。前衛が前へ出るのが遅れた場合には無理に上がろうとせず、パートナーと一緒に後方でラリーを続けながら時間を稼げるタイミングを計り、一気にネットまで前に出ます。


ソフトテニスを基礎から学ぶサイトに関する記事一覧

ゲームとそのルール
禁止行為について   タイムが認められる場合  
ゲームやコートに関する知識
コートのサイズ   ダブルスのコートサイズ   コートネット   シングルスのコート   ゲーム時間   一般的なコートの種類   その他の代表的なコートの種類   勝者と敗者   得点とゲームの獲得   得点・失点と有効打   得点がカウントされない場合  
ゲームウエアと用具
男性のゲームウェア   女性のゲームウェア   身につけられるもの   使用するボール   ボール交換のタイミング   使用するラケット   正しいラケット選び   ラケットの手入れ   シューズの選び方   硬式テニス・軟式テニスのコート  
サービスとレシーブに関する知識
サービスの基本と種類   サービス権の決定   サービスする順番   有効なサービス   サービスする位置   サーバー以外のプレーヤーの位置   サービスのやり直し   サービスのフォールト   フットフォールト   サービスのタイミング   サービスとコートのチェンジ   レシーブの基本   レシーブする順番   レシーバーの位置   実践でのレシーブ   ダブルスのファイナルゲーム   シングルスのファイナルゲーム  
ストロークに関する知識
ストロークの基本と種類   ストロークとネット   ストロークとバウンド   接触による失点   ストローク時のボール   コートに落ちているモノ   手から離れたラケット   プレー中のこんなとき   ボレーの基本と種類   スマッシュの基本と種類   ミックスダブルス  
ソフトテニスの基本
ソフトテニス競技の魅力  
試合と審判
審判の種類   審判としての心得   正審の役割   副審・線審の役割   判定の伝え方   判定と再判定   試合の棄権   試合の進行   試合の開始